かぶせ線、切り込み線(覚えておきたいローソク足の形 その4)

『DVD ローソク足と酒田五法』 の中で紹介している

覚えておきたいローソク足の形 その4”かぶせ線、切り込み線”について

シェアしたいと思います。

 

この図を見てください

かぶせ線,切り込み線

 

かぶせ線

かぶせ線とは、典型的な天井を示すもので、

比較的大きめの陽線の後、その陽線の引値よりも

高く始まったものの引値は前日の実体の中にもぐりこむ形。

陰線がかぶさっているためこのように呼ばれる。

前日中心値以下での大陰線形成は、高値で出現すれば

転換を示すことが多い。

また、この2本のローソク足を足してみると

上ヒゲの長めなローソク足となる。

 

切り込み線

切り込み線とは、とは、典型的な底を示すもので、

比較的大きめの陰線の後、その陰線の引値よりも

低く始まったものの引値は前日の実体の中にもぐりこむ形。

売り一巡と考えられ、かぶせ線と逆で

長期下落相場の後で出現すれば

買い転換となることが多い。

また、この2本のローソク足を足してみると

下ヒゲの長めなローソク足となる。

 

この内容の詳細は、こちらから学べます。

『DVD ローソク足と酒田五法』

 

また、私の作成したサイトの方も参考いただけるとうれしいです

→ 『酒田五法』