フィボナッチ

フィボナッチとは、フィボナッチ数、フィボナッチ比率などと呼ばれ

投資を行う上での支持帯や抵抗帯を予測するテクニカル分析ツールとして使われている

イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチ(ピサのレオナルド)にちなんで

名付けられた数である。

 

このフィボナッチ数列は、具体的に言うと

1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610,….

と言った数列で、これらは直前2つの和が次の項の値になっているのですが、

この数列は不思議なことに花弁の弁の数など、自然界に数多く存在する

 

そしてこの数列は、

・任意の項で、その1つ前の項を割った値は0.618に収束していく

・任意の項で、その1つ後の項を割った値は1.618に収束していく

・任意の項で、その2つ前の項を割った値は0.382に収束していく

・任意の項で、その2つ後の項を割った値は2.618に収束していく

・任意の項で、その3つ前の項を割った値は0.236に収束していく

・任意の項で、その3つ後の項を割った値は4.236に収束していく

という特徴があり

これらの比率をフィボナッチの”黄金比”と呼ばれている

 

下のチャートをご確認ください。

フィボナッチ

このフィボナッチの黄金比を投資に活用する方法なのですが、

フィボナッチ黄金比である

0.382 →つまり 38.2%

0.618 →つまり 61.8%

ですが、

最高値を付けた個所から、

38.2% または 61.8%のところまで値を戻す確率が高い

という特性を用いることになります。

 

この不思議な数列、フィボナッチは特に欧米で

使われているので、意識する人が多い分、

そのように値動きする確率も高くなるので、

活用されてはいかがでしょうか?