7つのラインを駆使するトレード術・トレードのコツほか

『DVD 7つのラインを駆使するトレード術』

の中で紹介している”トレードのコツ”などについて

シェアしたいと思います。

 

DVDの中では、セブンラインズの使い方以外にその他トレードのコツ

を多く話しております。

ここではそれを少し紹介します。

 

・高値を切り下げて、陰線出たらショート!

・安値を切り上げて、陽線出たらロング!

これがトレードの基本!

ダウ理論は、上昇/下降トレンドラインを引く前の大前提であること。

参考記事

『ダウ理論』

 

・ラインは目安なので過信しない

ラインを引くのにヒゲを入れるのか入れないのか?という

質問を多く受けるが、ラインは単なる目安なので、

そこでピッタリ止まるということはない。

特に日本人は神経質なのでここにこだわるが、目安だという事を忘れずに

 

・ブレイクアウトはあまり有効ではない!

プルバックが入るので今までのレジスタンスがサポートに変わった

その部分を狙うほうがいい。

しかし、あまり戻らずに伸びることがあるが、その時は深追いしないこと

参考記事

『プルバック』

 

・トレンドで負けるのは逆バリするから!

もうこんなにトレンドが続いたから、もうじき反転する

このように考えて、トレンド相場で逆バリをすることがある。

しかし、”トレンドは継続するもの!”と考えるのが基本であるため

どこまで伸びるかは誰も知らない。

トレンドに沿って失敗するのは、反転した時の一回だけ

そのように考えると無理に逆バリする必要はないと言える

ダウ理論

 

またこの内容の詳細は、こちらで詳しく学べます。

『DVD 7つのラインを駆使するトレード術』