モンテカルロ法の応用(ギャンブル的資金管理3)

人気ブロガー・バカラ村さんの

『DVD バカラ村式 ハンタートレード』

の中でも説明しているギャンブル的資金管理その3について、

シェアしたいと思います。

保守的な資金管理法の一つとしてモンテカルロ法があります。

参考記事

『モンテカルロ法(ギャンブル的資金管理2)』

 

今回はそれを応用した方法になります。

【特徴】

リスクリワード2:1の方法で4回の負けを1回で取り戻す

 

【使い方】(1・2・3・4・5・・・)

まず”1,2,3”と書き”1,2,3”(1+3=4)で4を賭ける。

もし負けたらさらに”4”と書いて”1,1,2,3,4”(1+4=5)で5を賭ける。

もし負けたらさらに”5”と書いて”1,1,2,3,4,5”(1+5=6)で6を賭ける。

もし負けたらさらに”6”と書いて”1,1,2,3,4,5,6”(1+6=7)で7を賭ける。

もし勝ったら最初と最後の数字を2つずつ消す。

負けたら、数字を記載し、最初と最後の数字を足した数を賭ける

モンテカルロ法

 

【メリット】

勝率が低くても負けを取り戻せる

マーチンゲール法ほどポジションが大きくはならない

損小利大の癖がつきやすい

 

この使い方の特記事項として

・損失はストップロス幅でなく、ポジション量で調整していく

・ギャンブルでの資金管理であるが、連敗の可能性が高いギャンブルではなく

相場観を用いて連敗の可能性を低め投資で用いることが望ましい

・この方法を続けていくと残るのが”3,4”などになると負けた場合いきなり

大きなポジションを持たなくなるので、先頭の数字を減らすためバラすと良い

”×:3,4 →〇:1,1,2,3”

 

また、今回の保守的な方法と違い攻撃的な資金管理法などもこちらから学べます。

『DVD バカラ村式 ハンタートレード 』