適正価格について

『投資苑』シリーズの中でエルダー博士は、

群集(普通の投資家たち)と逆のことをやるように!

つまり

みんなが買う時に売りを考え

みんなが売る時に買いを考えろ

と言っております。

 

群集は、

みんなが買うから買う

みんなが売るから売る

という集団心理的に安心である行動を取ってしまうため結果的に、

上がってきたから買う→高値で買ってしまう

下がってきたから売る→安値で売ってしまう

と言う結果になります。

これが、群集と同じことをやると負ける!

というエルダー博士の持論です。

 

では、どうすればよいか?

エントリーは”適正価格”で行うように!

DVDの中では、お水を例にとっておりましたが

自動販売機でお水を買うと100円くらいですが、

カラカラの砂漠では、500円でも売れる

逆にセミナー会場では、無料で配っている。

お水の適正価格は、一体いくらなのか?

これは、状況によって変化します。

適正価格が100円のところを200円で買ってはいけないということです。

投資苑

 

これを相場に当てはめると、

”適正価格”=”移動平均線の値段”

になります。

 

群集は、過熱している時にポジションを持つので

移動平均線より高い値段(割高)で買いポジションを持ち

移動平均線より低い値段(割安)で売りポジションを持つ

しかし、群集と同じことをやらず

移動平均線の値段(適正価格)まで待って

エントリーしなさいということになります。

 

確かに、上がっている時に押目も待たずに買いたくなってしまうことって

よくありますよね。 しかしそんなときも

今は適正価格ではない! 移動平均線の値段まで引き付ける!

ということを意識したほうがいいですね。

これを意識するだけでもトレード成績がよくなりそうです。

 

この内容を詳しく学ぶことが出来るのは、

・ 『DVD 投資苑』

・ 『DVD トレード成功への3つのM』

・ 『書籍 投資苑』

・ 『書籍 投資苑2』